whatsnew

INFORMATION

共同通信社 羽生結弦、今季最高でSP首位 GPファイナル、宇野4位

  • 2016年12月09日
  • お知らせ
  • フィギュアスケート
 【マルセイユ(フランス)共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは8日、フランスのマルセイユで行われ、男女を通じて初の4連覇を狙う羽生結弦(ANA)は男子ショートプログラム(SP)で今季の世界最高を更新する106・53点で首位に立った。
 4回転ループの着氷はやや乱れたが、4回転サルコーからの連続ジャンプとトリプルアクセル(3回転半)で大幅な加点を引き出した。昨年3位の宇野昌磨(中京大)はジャンプの転倒があり、86・82点の4位。パトリック・チャン(カナダ)が99・76点で2位、世界王者ハビエル・フェルナンデス(スペイン)は91・76点の3位につけた。
 宮原知子(関大)が出場する女子SPは9日(日本時間10日)、フリーは男女とも10日(同11日)に行われる。
(共同通信社)

PAGE TOP

OFFICIAL PARTNERS

OFFICIAL SUPPLIERS