whatsnew

INFORMATION

共同通信社 ユニバジャンプ中村、岩佐組が金 フィギュア田中は銀メダル

  • 2017年02月05日
  • お知らせ
  • スピードスケート
  • フィギュアスケート
  • 日本スケート連盟
アルマトイ(カザフスタン)共同】ユニバーシアード冬季大会第7日は4日、カザフスタンのアルマトイで行われ、ノルディックスキーのジャンプ混合団体(ヒルサイズ=HS106メートル)で中村直幹(東海大)岩佐明香(日大)組が金メダルを獲得した。中村、岩佐は個人に続く優勝で、今大会の日本勢の金は4個となった。古賀極(東海大)小林諭果(早大)組は3位。  フィギュアスケート男子はショートプログラム(SP)2位の田中刑事(倉敷芸術科学大)がフリーで3位となり、合計252・09点で銀メダルを獲得した。日野龍樹(中京大)は6位。デニス・テン(カザフスタン)がSPに続いてフリーも1位で優勝した。  スピードスケート男子1万メートルで大林昌仁(山梨学院大)が14分24秒95で銀メダルを獲得した。小川翔也(専大)は4位。女子1000メートルは松沢優花里(大東大)が1分20秒26で4位となり、辻本有沙(電算)が5位だった。  アイスホッケー男子の日本は準々決勝でロシアに2-9で敗れた。北見工大が出場のカーリング男子は1次リーグでチェコ、スウェーデンに連敗し、通算3勝6敗で敗退した。 (共同通信社)

PAGE TOP

OFFICIAL PARTNERS

OFFICIAL SUPPLIERS