whatsnew

INFORMATION

共同通信社 酒井が1000メートル総合V ショートW杯、日本勢初

  • 2012年02月13日
  • お知らせ
  • ショートトラック
 【ドルドレヒト(オランダ)共同】スピードスケート・ショートトラックのワールドカップ(W杯)は12日、オランダのドルドレヒトで今季最終戦を行い、女子1000メートルで今季2勝した24歳の酒井裕唯(岐阜ク)が総合優勝した。日本スケート連盟によると、開催14シーズン目のW杯で日本選手の総合優勝は初めて。  酒井は12日の1000メートルでは6位だった。伊藤亜由子(トヨタ自動車)が5位となり、桜井美馬(早大)が8位。女子3000メートルリレーの日本は3位。男子1000メートルで上村大輔(ミナトSSC)は6位だった。 (了)

PAGE TOP

OFFICIAL PARTNERS

OFFICIAL SUPPLIERS