whatsnew

INFORMATION

共同通信社 須本9位、三宅は18位 世界Jr.フィギュア最終日

  • 2018年03月12日
  • お知らせ
  • フィギュアスケート

  【ソフィア共同】フィギュアスケートの世界ジュニア選手権最終日は10日、ソフィアで行われ、男子で昨年12月のジュニアグランプリ(GP)ファイナル3位の須本光希(大阪・浪速高)はショートプログラム(SP)3位で迎えたフリーでジャンプのミスが相次いで126・57点の9位にとどまり、合計199・51点で9位に終わった。

 SP10位の三宅星南(岡山理大付高)はフリーで2度転倒して106・68点の23位と崩れ、合計174・66点で18位。日本男子は2人の順位合計が27となり、来季の出場枠も2枠となった。
 アレクセイ・エロホフ(ロシア)が合計231・52点で初制覇した。
(共同通信社)

PAGE TOP

OFFICIAL PARTNERS

OFFICIAL SUPPLIERS