whatsnew

INFORMATION

共同通信社 フィギュアジュニア、鍵山2位 木科は9位

  • 2018年10月15日
  • お知らせ
  • フィギュアスケート
 フィギュアスケートのジュニア・グランプリ(GP)シリーズ第7戦、アルメニア大会は13日、エレバンで行われ、男子ショートプログラム(SP)6位の鍵山優真(神奈川FSC)がフリーでトップの136・92点をマークし合計202・02点で2位に入った。
 SP5位の木科雄登(岡山・金光学園高)はフリーで9位にとどまり、合計175・80点の9位だった。
 シリーズの総合ポイントで上位6人による男子のファイナル(12月・バンクーバー)進出者が確定し、日本勢では島田高志郎(木下グループ)が入った。(共同)
(共同通信社)

PAGE TOP

OFFICIAL PARTNERS

OFFICIAL SUPPLIERS