whatsnew

INFORMATION

共同通信社 羽生がGP2連勝でファイナルへ ロシア杯、合計278・42点

  • 2018年11月18日
  • お知らせ
  • フィギュアスケート
 【モスクワ共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦、ロシア杯最終日は17日、モスクワで行われ、男子は羽生結弦(ANA)が前日のショートプログラム(SP)に続いてフリーも1位の167・89点をマークし、合計278・42点でGP2連勝を果たした。宇野昌磨(トヨタ自動車)らに続き、シリーズ上位6人によるGPファイナル(12月6~8日・バンクーバー)進出を決めた。
 SP4位の友野一希(同大)がフリー3位の156・47点を出し、合計238・73点で3位に入り、GP初の表彰台。
 羽生は17日朝の練習で4回転ループに挑んで転倒して右足首を痛めたが、フリーでは2種類の4回転ジャンプを決めて踏ん張り、ファイナルを含むGP通算10勝目を挙げた。モリス・クビテラシビリ(ジョージア)が合計248・58点で2位だった。
(共同通信社)

PAGE TOP

OFFICIAL PARTNERS

OFFICIAL SUPPLIERS